ブログ

2019年の誓い

明けましておめでとうございます。
今年は久しぶりに毎週1回本の紹介を行なって行きたいと思います。
以前行なっていましたが、力尽きて中断しており、また還暦間近に再開しようと決意しました。
感想文用の本は麺末に買いこんであります。

FFT15mGPTxm4ioaY2lIRPQ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

順番に紹介していきます。

第1回は
世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 山口周
を紹介します。

 

 

41klzhrkgOL._SX309_BO1,204,203,200_

この本のサブタイトルは経営における「アート」と「サイエンス」とされています。内容をみるとまさにその部分がうまく表現されています。

論理的、理性的思考を多くの人が身につけてしまい、正解のコモディティー化が起きている。
問題を構成する要因が増加しすぎて問題解決アプローチが機能しない。
この二つから「サイエンス」の限界が感じられる
欲求はさらに高度化し「自己実現的消費」へと向かい始めている。
全ての消費がファッション化し企業リーダーの美意識が競争力を大きく左右する時代。
経営における「アート」と「サイエンス」のバランスは大きく変化し、「アート」のウエートが大きくなり始めている。
こんな切り口の話しは中心です。

これを私たちが関係するタイルに当てはめてみると
勝手のタイルは品質や機能が中心であったが多くはコモディティー化し価格競争を中心とした不毛の争いを繰り返している。
一方で人と違う空間を作りたい、ホテルの様なアーティスティックな自宅にしたいなど人々の欲求は高度化し、タイルにおいても「自己実現消費」へと向かい始めている様な気がする。そんな時経営者は「アート」に対する関心があまりにも低い。この本を読んで実感している。
今年は少しアートを意識した生活を送ろうと考えている。
2019年、本の紹介第一弾はどうしてもこの本を紹介したかったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る